【無料あり】インフラエンジニアになれる!おすすめスクールを3社紹介

悩み『インフラエンジニアになりたい!スクールに通って知識身につけたいけど、おすすめのスクールどこなんだろう?』
今日はこんな悩みに答えていきます。

 

現役エンジニアの僕が、インフラエンジニアになれるITスクールを3社厳選しました。

 厳選ポイント
  • 実践で使えるインフラの技術が身につく
  • 転職成功率が90%以上
  • IT初心者OK

 

僕は仕事でもサーバ構築などのインフラ業務を行っているので、信頼性はあると思います。

それでは、順番に紹介していきますね。

インフラエンジニアになれるおすすめのスクール3社を紹介

インフラエンジニアになれるおすすめのスクール3社を紹介

インフラエンジニアになれるおすすめのスクール①:テックキャンプ

おすすめのスクールの1つ目は『テックキャンプ(エンジニア転職)

ビジネス系YouTuberとしても有名な「マコなり社長さん(@mako_yukinari)」が代表のスクールですね。

 

実はサッカー選手の本田圭佑さんがプログラミングを学んだスクールでもあります。

IT未経験の本田圭佑さんが大満足だったカリキュラムが準備されてるスクールで、「IT未経験者でも理解しやすい教材作り」に力を入れてるスクール。

有料スクールなのでお金はかかりますが、IT未経験でもパソコン初心者でも安心感抜群ですよ。

 

『テックキャンプ』の特徴はこんな感じ、オンライン学習も可能です。

 

テックキャンプは、AWSにサーバを構築してアプリを公開する中でインフラについて学ぶことができます。

最近のWEBサービスはAWSで構築されていることが多いので、最先端の技術を身に付けることが可能。

 

無料カウンセリングをしてくださっているので、気になる人はカウンセリングだけでも受けてみましょう。

インフラエンジニアになれるおすすめのスクール②:ITCE Academy(ITCEアカデミー)

インフラが完全無料で学べる一押しのスクールが『ITCE Academy

ネットワークやサーバ構築を初心者にもわかりやすく、しかも無料で教えてくれます。

 

  • 完全無料( 宿泊費まで支給される )
  • 実践的で現場目線のカリキュラム
  • 転職サポートがあり内定獲得率100%

ITCEアカデミーの特徴ですが、IT未経験者を1ヶ月でプロのインフラエンジニアにするための仕組みが出来上がってます。

宿泊費まで出してくれるので、地方の方でも安心ですね。

 

現役エンジニアの僕が今一番おすすめしてるスクールで、メリット・デメリット含めて以下の記事で紹介しています。

合わせて読みたい

IT未経験者『今の仕事続けるの無理!IT未経験だけどITエンジニアになりたいな。ITCE Academy(ITCEアカデミー) って最近聞くけどどうなの?』 今日はこんな疑問に答えていきます。 ITCE Acad[…]

インフラエンジニアになれるおすすめのスクール③:GEEK JOB

GEEK JOB 』は最初にキャリア相談を行い、インフラコースとプログラミングコースと選択できます。

転職サポートもある完全無料のスクールです。

 

  • Apache
  • MySQL
  • Linux

『GEEK JOB』で学ぶことができる技術はこれです。

かなり王道のシステム構成なので、インフラの基礎をしっかり学ぶことができますよ。

 

スクールに通う7割の人がパソコン初心者から始めてるので、パソコン苦手な人でも大丈夫。
完全無料のスクールなので、必要なのはあなたの行動力だけです。
無料体験・説明会をしてくれているので、まずは問い合わせしてみましょう。

インフラを学ぶスクールで一押しは『ITCE Academy(ITCEアカデミー)』

インフラを学ぶスクールで一押しは『ITCE Academy(ITCEアカデミー)』

インフラを学ぶスクールなら『ITCE Academy』である理由①:完全無料

無料でしっかりした技術が学べるなら最高じゃないですか?

しかも、受講期間(約1ヶ月)の間、宿泊費まで出してくれるので完全無料です。

 

 新型コロナウイルスのこともあってオンラインでの研修もスタート。

内容は無料講座と同じですが、1ヶ月間の受講で「10万円」になってます。

正直10万円でも他のスクールと比較してもかなり安いです。他の有料スクールだと30万円以上する場合もありますね。

 

完全無料のスクールですが、研修内容は講師がついて徹底的に学ぶことができるのもポイントです。

インフラを学ぶスクールなら『ITCE Academy』である理由②:実践的な研修

ITCEアカデミーはIT企業が運営するスクールなので、研修が完了すればそのまま業務に入れるぐらい実践的なものになってます。

 

IT企業が社内向けの研修(新人研修)でやっていたものを、外部向けに修正しているので実践的。
座学だけならネットや本で勉強することが可能だと思いますが、プロのエンジニアを育てる研修が受けれるのは魅力的なポイントだと思います。
文系出身の人や他業種からエンジニア転職したい人もたくさん受けているので、現在のITスキルはなくてもOK。

 

IT未経験者を多数受け入れているのに、しっかりした転職サポートがあるので内定獲得率100%なんです。

インフラを学ぶスクールなら『ITCE Academy』である理由③:転職サポートあり

内定獲得率90%割超えのスクールは結構ありますが、100%は見たことがありません。

転職サポートも機械的なものではなく、担当者さんと何度も面談を行い、あなたにピッタリの企業を一緒に探してくれます。

 

ITCEアカデミーで提案してくれる企業は、制度や入社後の教育体制まで調査した上で厳選されています。

その証拠に、スクール運営スタートしてから2年間(2020年8月時点)、就職後の定着率も100%なので超安心です。

インフラエンジニアになれるITスクールまとめ

本記事のまとめです。

 

 インフラエンジニアになれるITスクールまとめ
  • ITCE Academy(ITCEアカデミー)がおすすめ
  • 完全無料でインフラが学べて、内定獲得率100%
  • 実践的な技術が身につく

 

IT業界は成長している業界ですが、成長速度にエンジニアの数が追いついていないので引く手数多です。

ITCEアカデミーなら完全無料1ヶ月でインフラエンジニアになることが可能なので、あとはあなたの行動次第です。

まずは、「公式ページ」から無料説明会に申し込めるので参加してみてください。

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク