【初心者向け】「プログラマの三大美徳」の意味と内容を説明

 
初心者エンジニア『「プログラマの三大美徳」って何?知ってると何が変わるの?』
今日はこんな疑問に答えていきます。
  • 「プログラマの三大美徳」について説明

 

「プログラマの三大美徳」はプログラマなら誰もが意識する必要があります。

理解することで仕事の質が向上し、効率化することができます!

 

 

「プログラマの三大美徳」は以下の3つです。

  • 怠惰
  • 短気
  • 傲慢

なかなかイメージの悪い単語が並んでますね。。。
これを美徳と言ってしまうあたりが、プログラマが性格悪いと言われる所以でしょうか。

 

関連記事

  疑問を感じてる人『プログラマって性格悪い人多いって聞くけどどうなの?』 今日はこんな疑問に答えていきます。 「プログラムーは性格が悪い」と言われている理由 性格の悪いプログラムーへ[…]

 

 

「プログラマの三大美徳」を唱えたプログラミング言語Perlの作者、Larry Wall は、この3つの美徳が「プログラマには必ず必要」と言っています。

 

私も意識するようになってから効率的で質の高い仕事ができるようになりました。

プログラマなら必ず理解して日々の仕事に活かしていきましょう。

 

それでは、「プログラマの三大美徳」の内容を説明します。

「プログラマの三大美徳」とは?

「プログラマの三大美徳」を1つ1つ紹介します。

「プログラマの三大美徳」:怠惰

全体の労力を減らすために手間を惜しまない気質。
この気質の持ち主は、役立つプログラムを書いてみんなの苦労を減らしたり、
同じ質問に何度も答えなくてもいいように文書を書いたりする。
よって、プログラマーの第一の美徳である。

日経クロステック

優秀なプログラマは「面倒くさがり屋」が多いです!
プログラマに向いている正確と言えます。

同じプロジェクトのメンバの負担が減るようにツールを作ったり、
何度も同じ質問が来ないようにノウハウを文章で残すなどが該当します。

システムの設計書を記載するのみ重要ですね。

「プログラマの三大美徳」:短気

コンピューターが怠慢な時に感じる怒り。
この怒りの持ち主は、今ある問題に対応するプログラムにとどまらず、
今後起こりうる問題を想定したプログラムを書く。
少なくともそうしようとする。
よって、プログラマーの第二の美徳である。

日経クロステック

将来的に問題が起きたときにイライラしないように、
今のうちに問題を無くしておこうとする考え方です!

プログラミングをするときは以下のことを気をつけましょう。

  • 複数の個所で同じコードを書かない
  • 問題が起きたときに調査しやすいようにログを出す
  • 将来仕様が変わったときに大きな修正がない構成にする

問題になりそうな個所を先に潰す。
プログラマに限らず意識してほしい美徳です!

「プログラマの三大美徳」:傲慢

神罰が下るほどの過剰な自尊心。
または人様に対して恥ずかしくないプログラムを書き、
また保守しようとする気質。
よって、プログラマーの第三の美徳である。

日経クロステック

誰にも文句言われないプログラミングをする!

あなたは自分の書いたプログラミングに絶対の責任を持つ必要があります。

作ったアプリケーションの品質を高めるために、
しっかり知識を身に着けプログラミングをしましょう!
プログラミングテストを入念にしましょう!

自分の成果物に文句を言わせない!
「プログラマの三大美徳」はプログラマだけでなく社会人なら意識すべきマインドが詰まっています。

「プログラマの三大美徳」は日々の仕事を効率化する

私は「プログラマの三大美徳」を常に意識して仕事をしています。
「プログラマの三大美徳」は意識して行動すれば日々の仕事を効率化できます!

【怠惰】プログラマにおすすめの効率化ツール「Clibor」を紹介

ひろみん
ひろみん

一度使うと二度と手放せないほど便利なツールです

プログラマにおすすめの効率化ツールとして「Clibor」を紹介します!

「Clibor」を入れておくと、あらかじめ決めておいたキーを押すと、
コピーした文章を一覧で表示することができ、自由に使うことができます。
ツールの画面はシンプルでわかりやすいデザインです。

他で使ったコードを再利用したり、
間違えてコピーしてしまっても再度コピーし直す必要もありません。
私は簡易的メモとしても使っています!

【短気】アプリケーション設計を勉強するおすすめの本

私が初めてアプリケーション設計をしたときに読んだ本を紹介します。

おすすめの本は「はじめての設計をやり抜くための本」です!

初めてアプリケーション設計をする人は是非読んでください。
テクニックはもちろんですが、「マインド」も勉強することができます!

またアプリケーション設計だけでなく、データベース設計についても記載されており、
若手エンジニアは一読しておきましょう。

【傲慢】保守性の高いコードを書くための3つのコツを説明

保守性の高いコードを書くためには以下の3つのコツを意識しましょう!

  • コメントをサボらない
  • 意味のある変数名をつける
  • 1年後の自分でも分かるかを考える

順番に説明しますね。

コメントをサボらない

コードの意図が分かりにくいところにコメントを記載するのは当然!

私は、「コメントだけを読んでも内容が理解できる」ぐらい書きます。

ひろみん
ひろみん

プログラミングをしていて気になった点や、今のコードになった理由などを書いておくと他の人が見ても理解しやすいです!

コメントをサボらず記載することにより、
業務知識やプログラミングの知識の少ない人がメンテナンスする際も、
比較的時間をかけずに行うことができます。

意味のある変数名をつける

意味のある変数名をつけましょう。
間違っても「data1」「data2」などとつけてはいけません!

「データ」であることは当然ですからね!!

一時的な変数には意味のある変数名を付けるのは面倒に感じるかもしれません。
その際には「tmpXXX」など、一時的な変数であることが分かるようにしましょう。

ひろみん
ひろみん

一時的な変数なら「tmp」、リストなら「List」
変数だけでなくメソッド名も意識するといいですよ

意味のある変数名をつけることで、
その変数を他の個所で参照するときに、
どんなデータが入っているか一目で分かります。

1年後の自分でも分かるかを考える

一通りコードを書いたら自己レビューをします。
この時「1年後の自分でも分かるか」を意識して読んでみましょう。

自分が担当したシステムは、
今後の仕様変更で再度自分がコードを修正する可能性が高くなります。

仕様変更は半年後や1年後に行われる場合もあります。
1年前の自分を呪いたくならないためにも、
誰が見ても理解できるコードを書きましょうね!

ひろみん
ひろみん

自分が理解できないコードは、他人には絶対理解できません

「プログラマの三大美徳」まとめ

本記事のまとめです!

「怠惰」「短気」「傲慢」の「プログラムの三大美徳」を理解する

「プログラマの三大美徳」はプログラムなら全員知っておく必要のある美徳です。

意識することで日々の仕事の質を上げ、効率的に行うことが可能です。
プログラミング初心者の人も意識だけはしましょう!